Teaprog.com

とあるエンジニアの日々の記録。エンジニアと関係のないようなことも書きます。

VBAでマクロを簡単に実行する方法

はじめに

 

以前の記事でマクロを実行する際、タブから実行まで複数の手順があり、マクロの連続の実行には少々手間がかかるということを実感しました。

 

今回、最終的にはクリックのひと操作でマクロが実行できるようになりました。

 

3通りのマクロのショートカットの作成の仕方は以下の通りです。

 

 

以前の記事では簡単なマクロを実行していました。

 

teaprog.com

 参考書籍

 

VBA初心者の私がVBAの勉強に主に使用させていただいている書籍になります。

 
 

ショートカットキーに登録

 実行結果

 

今回は「Control」+「m」でマクロが実行されるようにしました。

 

f:id:tk0137:20210606182047p:plain

 手順

 

Excelの「開発」タブより「マクロ」をクリックする。

 

f:id:tk0137:20210605235546p:plain

 

ここまではマクロを実行する時の手順と同じ。 

 

今回は、続いて出てくるメニューで右下の「オプション(O)...」をクリック。

 

f:id:tk0137:20210606091914p:plain

 

「マクロオプション」というメニューが出てくるので、「ショートカットキー(K):」の下のボックスに好きなキーを入力します。

 

今回はキーとしてマクロの「m」を入力しています。

 

入力したら右下の「OK」をクリックします。

 

f:id:tk0137:20210606093527p:plain

 

 以上で設定は完了です。

 

シート上で設定したショートカットキーを打てば実行結果で示したようにマクロが実行されます。

 

↑画面上部に戻る

 

クイックアクセスツールバーにボタンを作成

 実行結果

 

上部のクイックアクセスツールバーのボタンをクリックするとマクロが実行されます。

 

f:id:tk0137:20210606181732p:plain

 

 手順

 

まず上部にあるクイックアクセスツールバーにある下向きのくの字をクリックします。

 

すると「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」というタブが出てきます。

 

そのタブの下から2番目の「その他のコマンで(M)...」をクリックします。

 

f:id:tk0137:20210606094622p:plain 

 

すると「Excelのオプション」というウィンドウが出てきます。

 

ここでアクセスツールバーをカスタマイズします。

 

まず「コマンドの選択(C):」よりプルダウンメニューから「マクロ」をクリックします。

 

f:id:tk0137:20210606154227p:plain

 

すると、左側の枠内にマクロ名が出てきますので、実行したいマクロ名を選択し、中央にある「追加(A)>>」をクリックします。

 

右側の枠にマクロ名が追加されたら、右下の「OK」をクリックします。

 

f:id:tk0137:20210606154254p:plain

 

すると画面がシート上に移り変わり、上部のクイックアクセスツールバー上に小さくマクロ実行のボタンが追加されたことが分かります。

 

f:id:tk0137:20210606154324p:plain

 

以上で作業は終了です。

 

ボタンがクイックアクセスツールバーに追加されたことが確認できたら、後はこのボタンをクリックすることで、実行結果で示した通りにマクロが実行されます。

 

↑画面上部に戻る

 

シート上に実行ボタンを作成

 実行結果

 

シート上にボタンを作成し、それをクリックすることでマクロが実行される。

 

f:id:tk0137:20210606181841p:plain

 

 手順

 

「開発」タブより「挿入」をクリックします。

 

すると下に「フォームコントロール」メニューが出てきますので、その中の一番左上の四角の「ボタン」のアイコンをクリックします。

 

その直後、シート上でマウスをドラッグし、ボタンを設置する範囲を指定します。

 

f:id:tk0137:20210606182155p:plain

 

ドラッグしてマウスを離すと、「マクロの登録」というウィンドウが出ます。

 

その中の「マクロ名(M):」から実行したいマクロ名を選択し、下にある「OK」をクリックします。

 

f:id:tk0137:20210606183030p:plain

 

すると、ボタンがシート上に現れます。

 

ボタンにはテキストを入力できるので名前は分かりやすく変更して下さい。

 

f:id:tk0137:20210606182320p:plain

 

以上で作業は終了です。

 

あとは、シート上のボタンをクリックすると、実行結果で示したようなマクロが実行されます。

 

↑画面上部に戻る

 

まとめ

 

複数回の手順を踏まず、1操作でマクロが実行できる方法を紹介させていただきました。

 

 

VBAに限らず、エンンジニアとしての技術は私も勉強している最中ですので、基本的なことを記述することが多くなると思います。

 

少しでもご参考になればという思いで書かせていただいています。

 

記事に対して反応してくださる方もいらっしゃるので、とても感謝しております。

 

引き続き頑張って参りますので何卒よろしくお願いいたします。

 

以上、最後までありがとうございました。