Teaprog.com

とあるエンジニアの日々の記録。エンジニアと関係のないようなことも書きます。

iPhoneアプリ作成:初心者のiPhoneアプリ作成の準備

はじめに

 

以前からiPhoneのアプリ開発に興味があったので、そのアプリ開発に必要なツールを揃え、画面に「Hello World」という文字を表示するだけの簡単なアプリを作成し実行して見ました。

  参考書籍

 
 

手順

 

Xcodeのインストール

 

「App Store」からインストールします。検索欄に「Xcode」と入力すれば一番上に表示されるはずです。

 

下の画面はインストールした後のもので右上のボタンが「開く」になっていますが、まだインストールしていない場合はここが「入手」となっているのでここをクリックすればインストールができます。

 

f:id:tk0137:20200924234215j:plain

 

アプリの作成

 

インストール終了後、アプリを開くと以下のような画面が出ます。

 

初めて作成する場合は下の三つの選択肢の内、「Create a new Xcode project」をクリックします。

 

f:id:tk0137:20200924234317p:plain

 

すると下のようなプロジェクトの雛形を選択する画面に移りますので、上の欄から「iOS」を選択し、その中の「App」を選択します。

 

f:id:tk0137:20200925001453j:plain

 

次にプロジェクトの設定をします。

 

下の画像は例としてご参考ください。

 

「Project Name」は自分の好きな名前を入力。

 

「Organization Identfier」組織の識別のために入力しますが今回はこちらも自分の好き

 な名称で問題ありません。

 

「Interface」は「Storyboard」に変更します。

 

上の三項目以外は今回は触らなくて問題ありません。

 

f:id:tk0137:20200925000823j:plain

 

以上の設定が終わると、開発用の画面に移ります。今回はプログラミングを使用せず、インターフェースビルダーを用いた視覚的なアプリ作成をします。

 

左にあるファイルの一覧の中から「Main.storyboard」をクリックします。

 

f:id:tk0137:20200925001418j:plain

 

すると、スマホの画面が表示されます。これで視覚的にラベルやボタンなどの配置バランスを見ながら開発できるようになります。

 

f:id:tk0137:20200925002148j:plain

 

次に実際にアプリとしてスマホの画面に文字を表示させるには「Label」を設置する必要があります。

 

ラベルを設置するには右上の「+」ボタンをクリックし「Label」をドラッグして画面上に設置したい位置に持っていきます。

 

↓右下の画像での「Label」を選択して、スマホ画面においてラベルを設

 置したい位置までドラッグする。

 

左下の画像はドラッグをした後。

 

f:id:tk0137:20200925002838j:plainf:id:tk0137:20200925002912p:plain

 

無事にラベルを設置できたらアプリで表示させたい文字を入力します。

 

設置したテキストボックスをダブルクリックすると文字を入力できるようになるので、好きな文字も入力します。

 

f:id:tk0137:20200925003246j:plain


入力が完了したら、後は実行するのみです。実行の方法は画面左上のある三角の矢印をクリックするだけです。

 

実行結果 

すると移動的にSimulatorが開いて下の画像のようにアプリの実行結果を表示してくれます。

スクリーンショットすると枠が白色になり、見辛くなってしまいました。

 

申し訳あありません。

 

f:id:tk0137:20200925003615p:plain

 

最後に

 

以上で簡単な文字を表示するアプリ作成は終了です。 

 

とても簡単なことではありましたが、アプリ作成において誰もが通る道だと思うので今回の経験をしっかり土台にして複雑なアプリ開発もできるようにしたいと思います。

 

私の当面の目標としては、ジャンルは定めてはいないものの、現実的に一人から少数人数で開発できるアプリかつ「App Store」にアップロードして大衆の目に触れて問題ないクオリティーのアプリを開発することです。

 

電卓やメモ帳、目覚まし時計などの誰もが使えて比較的機能が単純なものから作成してみようと思います。

 

今回の内容は簡単ではありましたが、少しでもご参考になれば幸いです。