Teaprog.com

とあるエンジニアの日々の記録。エンジニアと関係のないようなことも書きます。

macOSでOpenfaceのインストール

はじめに

 

以前UbuntuでOpenfaceをインストールした時の手順を書きました。

 

programmatictk0137.hatenablog.com

 

 今回はmacOSの方で実際にインストールしてみて手順や詰まった箇所を書きました。

 

手順

 

まず下のサイトに移動してHomebrewをインストール。

 

https://brew.sh

 

そうしたらいよいよOpenfaceをインストール。

 

以下のコマンドでGitからOpenfaceをダウンロード。

 

wget -O -https://github.com/TadasBaltrusaitis/OpenFace/archive/OpenFace_2.2.0.tar.gz | tar zxvf -

 

ダウンロードできたら新しくできたOpenfaceのディレクトリに移動します。以下、そのOpenfaceディレクトリ下でコマンドを実行します。

 

tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$ brew update
tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$ brew install gcc --HEAD

 

上のコマンドの終了までに一時間くらいかかりました。

 

少し時間がかかるようです。

 

tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$  brew install tbb
tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$  brew install openblas
tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$  brew install --build-from-source dlib
tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$  brew install wget
tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$  brew install opencv

 

ここまででOpenfaceに必要なモジュールのインストールができました。

 

tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$ mkdir build
tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0$ cd build

 

buildディレクトリを作りました。

 

以下、このディレクトリ下でOpenfaceをビルドしていきます。

 

tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0/build$ cmake -D CMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE ..
tk:~/OpenFace-OpenFace_2.2.0/build$ make

 

上のビルドの過程で以下のようなエラーが出るかもしれません。 

 

dyld: Library not loaded: /usr/local/opt/gcc/lib/gcc/10/libgfortran.5.dylib Referenced from: /usr/local/opt/openblas/lib/libopenblas.0.dylib Reason: image not found

 

上のエラーは/usr/local/opt/gcc/lib/gcc/10/libgfortran.5.dylibというファイルが見つからないというエラーです。

 

バージョンの更新などによるエラーでしょうか。

 

私の場合は、libgfortran.5.dylibが入っているディレクトリを探したところ、「HEAD」というディレクトリ下に入っていることが分かりましたので、「HEAD」をディレクトリごとコピーして「10」という名前にして保存しました。 

 

以下のようにFinderで利用して、視覚的にファイルの場所を確認するのも分かりやすくて良いです。

 

/usr/local/opt/gcc/lib/gcc/の下に「10」と「HEAD」ディレクトリがある状態です。

これでエラーが出なくなりました。

 

f:id:tk0137:20200725015702p:plain

 

後はモデルを以下のサイトからダウンロードして来て一通りOpenfaceインストール作業は終了です。

 

https://github.com/TadasBaltrusaitis/OpenFace/wiki/Model-download datファイル

 

モデルの設置方法は以下の過去記事に書いてあります。 

 

programmatictk0137.hatenablog.com